採用率UP!プレスリリースを作成するコツ【基本情報編】

仕事柄、プレスリリースをたくさん作成させていただきます。

初めてのお客様は、プレスリリースに必要な情報をいただくのですが、
実は意外と、「基本情報」が抜けている場合があります。

今回は、プレスリリースに必要な基本情報とは何か?についてお伝えします。

プレスリリースの基本情報とは5W1H

基本情報とは、メディアが報道する際に最低限必要な情報で、
もし、リリースにこれらが抜けていると、
追加で質問しないといけない状況になります。

忙しい記者にとって、
追加で質問しないといけないと記事が書けないというのは、
正直、とっても面倒くさいです。
いいネタであっても、記事にしない可能性もでてきます。
なので、基本情報の抜けは「致命的」と心得てましょう。

例えば「まるや商店が新しい和菓子を発売した」とします。
その場合、「5W1H」が基本情報は、
必ず記載するようにしましょう。

1.誰が(WHO)

プレスリリースを出すご本人の情報です。
例でいうと、「まるや商店」ですね。
で、このまるや商店は法人なのか個人なのか、
法人なら株式会社なのかそれ以外なのか、
本社所在地と代表者名も記載するのがマナーです。

2.いつ(WHEN)

新しい和菓子を発売するタイミングはいつなのか。
確定していない場合は、「10月上旬」とかぼやかすのもOKです。
ただ、何年何月くらいは書きましょう。

3.何を(WHAT)

商品のカテゴリー+商品名ですね。
カテゴリーを書くのを意外と忘れがちですが、
商品名だけ記載されても、モノが何かがわかりません。
例えば、米粉を使ったいちご大福「いちごまる」を売る場合、
「いちご大福」の部分がカテゴリーになります。

4.どこで(Where)

商品を販売する場所です。
店舗なのかECなのか、手に入る方法を記載しましょう

5.なぜ(Why)

商品を販売するに至った背景、ストーリーですね。
さきほどの米粉いちご大福であれば、
「小麦アレルギーの子でも安心して食べられる商品を作りたかった」とか、
「廃棄されるイチゴの再利用を目的に」とか。

なぜ、米粉を使おうと思ったのか、
なぜ、いちご大福なのか、
は記者が一番気になるポイントです。
立派な理由がなくてもかまいません。

6.どのように(HOW)

どのように販売するのか、という情報。
例えば、
「大阪梅田駅で期間限定発売」とか、
「クラウドファンディングで販売」とか、
「ふるさと納税の返礼品として」とか。

以上、5W1Hは、プレスリリースの最初に必ず盛り込んでほしい内容です。
出来上がった情報に洩れがないか、ぜひ確認してください。

次回は、プレスリリースの「見出し」をつくるうえで、
大事なポイントをお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です