楽しい演出をしないと、ディスカウンターは貧乏くさくなるーサウスウエスト航空

サウスウエスト航空はLCC(ローコストキャリア)と呼ばれる格安航空会社の先駆者です。
米国の国内線に特化していますが、年間輸送旅客数は世界最多の1億円。
運航開始翌年の1972年以来、黒字経営を続けている優良会社です。

機内食を出さない、ポイントトゥポイントの導入、使用する機体を1種類にする、
パイロットが荷積みを手伝うなど多能工化を進める、待機時間を減らし機体稼働率を高める、
など、低価格を実現する工夫が随所になされています。

サウスウエストは安いだけでなく、顧客満足の高い会社として知られています。
定時運行、最小荷物紛失、最小苦情件数の3冠王。
さらに、コミカルな機内放送をすることでも有名です。
ベンチャーの文化をずっと大切にしているんですね。
初期のCAさんはホットパンツをはいてたとか。
これらは「楽しい演出をしないと、ディスカウンターは貧乏くさくなる」という
創業時CEOのケレハー氏の考えが反映されているそうです。

ディスカウンターは、ともすれば貧乏くさくなりがち。
価格を安くするときは、デザインやユニークな演出によって、
利用者の気持ちを明るくすることが大事。

キャンペーンやセールの時に、応用したい事例です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL